スターバックスの限定店舗で販売されている『JIMOTO made series(ジモトメイドシリーズ)』
これ、何に似ていると思います?
(画像の出典はすべてスターバックス公式サイト)

スターバックスの限定店舗で販売されている『JIMOTO made series(ジモトメイドシリーズ)』を知っていますか?日本各地にある地元の産業や素材を取り入れたオリジナルグッズで、各地域の店舗でしか買えないレアアイテム!それぞれのデザインも、とっても素敵なんです。

記事執筆時点では、9つの地域で商品が展開されています。思わず手に入れたくなる品々の中から一部をピックアップしてご紹介。


◆墨田(東京都) スターバックス アイスコーヒーグラス

スターバックスの限定店舗で販売されている『JIMOTO made series(ジモトメイドシリーズ)』

“江戸切子”の繊細な紋様が涼しげなアイスグラス。墨田区に工房をもつ「すみだ江戸切子館」の職人によって、一つひとつ丁寧に仕上げられています。粋なデザインに込められた職人の想いを感じながら、おいしいコーヒーでほっと一息。価格は3万5,000円(税別、以下同じ)。

◆鳥取(鳥取県) コーヒーアロママグ Sakyu 355ml

スターバックスの限定店舗で販売されている『JIMOTO made series(ジモトメイドシリーズ)』

鳥取砂丘の向こうに広がる海や空を想起させる、鮮やかで透明感のある青色が印象的なマグカップ。陶芸が盛んな鳥取にある「玄瑞窯」の職人によって、一つずつ丁寧に仕上げられています。コーヒーの香りをより深く楽しむことができるよう、口径を絞り、アロマを包み込む形状に。価格は4,000円。

◆筑前(福岡県) コーヒーアロママグ Tobikanna

スターバックスの限定店舗で販売されている『JIMOTO made series(ジモトメイドシリーズ)』

小石原の伝統技法である“飛鉋(とびかんな)”で全体にデザインが施された、素朴なあたたかみを感じさせるマグカップ。コーヒーの香りをより楽しめるよう、大きな曲線から口径を絞り、アロマを包み込む形状に。価格は4,800円。

◆宮島(広島県) コーヒーアロママグ Momiji 444ml

スターバックスの限定店舗で販売されている『JIMOTO made series(ジモトメイドシリーズ)』

嚴島神社御用窯「山根対厳堂」によって手掛けられたマグカップ。広島の県木であり、紅葉の葉を一枚ずつ貼りつけて表現する“もみじ紋”の文様が施されたデザインが特徴です。手にすると、穏やかな瀬戸内海に浮かぶ安芸の宮島の風景が瞼の裏に…。価格は6,500円。

◆甲賀(滋賀県) マグ Shigaraki 325ml

スターバックスの限定店舗で販売されている『JIMOTO made series(ジモトメイドシリーズ)』

日本六古窯(にほんろっこよう)のひとつとして、1,200年の歴史を誇る信楽の窯で焼かれたマグカップ。信楽焼のアイコンともいうべき“狸の置物”がモチーフとなっています。味わいのある色味の「黒」と、温かみのある「赤茶色」の2色展開。価格は各3,800円。

スターバックスの限定店舗で販売されている『JIMOTO made series(ジモトメイドシリーズ)』
こちらは赤茶色

どれも可愛くて、スタバファンでなくても買い集めたくなりますよね!各地へ旅行で訪れたら、現地の店舗でしか出会えない限定マグカップをお土産代わりにしてみては?